手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji
例えば風邪やインフルエンザなど、病気にかかる原因とは何でしょうか。
病原菌?ウィルス?
そう、これらももちろん原因です。これらがなければこれらが誘引する病気にかかることはないでしょう。
ですが、考えてみてください。
過去にペストや天然痘がヨーロッパで大流行したとき、感染地域のすべての人がそれらを患ったのでしょうか。もしそうであれば、ヨーロッパ大陸から人類は滅亡しているはずですよね。
病原菌やウィルスがどんなに猛威をふるっていても、かからない人はいるのです。
たとえかかったとしても、軽い症状ですみ、何の治療もしていないのに完治する人もいます。

ではなぜかからないのか?軽い症状で済むのか?
それは免疫力・自己治癒力の高さが要因と言えるでしょう。
鍼灸やホメオパシーでは免疫力や自己治癒力を高めるための施術を施します。「気」を調整して、本来その人があるべき状態に戻るようにしてくれます。
その結果、ウィルスや病原菌が体内に入ってきても自分自身でこれらと戦い、打ち勝つことができるというわけです。

では免疫力はどのようにすれば高まるのでしょうか。
まずは薬や化学薬品をなるべく摂取しないことです。
インフルエンザでよく処方される抗生物質を頻繁に使用することに良い作用があるとはとても考えられません。本来病気と闘ってくれる良い細菌まで殺してしまうのですから。

次に、免疫は学習するので、その機能を大いに活用することです。
はしかやおたふく風邪を子ども時代にかかっておくことはとても重要なことです。一度かかれば免疫は学習しますから、二度と患うことはありません。
ただし、風邪やインフルエンザは残念ながら同様にはいきません。これらはタイプが1つではないからです。しかし、風邪やインフルエンザを患って高熱がでればこれ幸いです。免疫が働いていれば、病原を殺すため、身体は必死になって熱を出します。なぜかというと病原菌は熱に弱いからです。熱が出れば当然あなたも苦しいでしょうが、病原菌はもっと苦しんでいます。その苦しみにひたすらじっと耐えれば、自然に治癒します。それだけでなく、免疫力もさらにパワーアップしてくれます。

ちなみにホメオパシーにおいては行き過ぎた「殺菌」を推奨しません。悪いのは「菌」ではなく、「菌に打ち勝てない免疫力の弱さ」であるという考え方です。(「行き過ぎた殺菌」とは、ケミカルを使用した殺菌などのことを指します。)
強盗(病原菌)は悪いですが、戸締りをして(免疫力を高めて)いれば防げることがほとんどなのです。
[PR]
# by sekisaji | 2009-03-10 08:06 | ホメ・鍼灸・レイキ等
若いころ、よく父が「水をたくさん飲め」と言っていました。
水をたくさん摂取することにより、ドロドロの血液が薄まり、老廃物が流れるということでした。
健康番組でもさまざまなドクターたちが同じことをコメントするので、私は何の疑問もなく長年水をたくさん飲む生活をこころがけてきました。

そのスタイルを変えたのは2年前のことです。

3年ほど前から通いだした鍼灸院で「なるべく水分はとらないでください」と最初に言われた時は、「そんなことをしてたら血液ドロドロになるじゃない!」と反発し、先生の言うことは無視していました。
その後、半年ほどしてリウマチの症状が私の左手に現れました。
「リウマチは水を体内にためこむことによって出る症状なんですよ」と説明され、初めて水を飲むのを控えてみようと心に決めました。
大好きなコーヒーはやめられないので、水分は午後4時くらいまで。その後はできる限りとらない、という約束事を自分で決めて実行しました。
あわせて鍼灸院の治療も続け、約半年でリウマチの症状はすっかり消えました。
リウマチは治るものなんですね。

鍼灸院の先生たちによると、西洋医学ではほとんどすべてのドクターが「水をたくさん飲め」と勧めるので困るのだそうです。
日本人には水をうまく代謝できない体質の人が多いらしく、そのタイプの人たちが水をたくさん摂取すると、私のようにリウマチを患うことも珍しくないそうです。
やせにくく冷えやすい体質の人も、水をうまく代謝できないタイプに属し、このような人たちが水泳で痩せようとするとかえって逆効果だそうです。からだを冷やしてしまうのが悪いのだとか。

東洋医学では腎臓が悪い場合のほとんどのケースで、やはり水を飲まないように指示します。
「悪い腎臓によけいに負荷をかけてどうするんですか?」と言われました。なるほど。

長年、あたりまえだと思っていた健康管理も、そのほとんどが西洋医学上でのこと。
皆さんも一度東洋医学に触れ、古くて新しい一面を見てみませんか。
[PR]
# by sekisaji | 2009-03-07 12:27 | ホメ・鍼灸・レイキ等
前回、赤ちゃん猫には成分無調整の低温殺菌牛乳を与えようと書きました。
さて、成猫の場合は?
大人になるにつれ、乳糖が分解できにくいからだに変化します。
人間と同じですね。
赤ちゃんが母乳で下痢を起こすことはないのに、大きくなると牛乳で下痢をする人がいます。
猫も同じで、平気な子は平気だけど、そうではない子も多いそうです。

我が家の2匹はどうなのかな?

次女猫は便秘気味だし、多少ゆるくなっても良いはずだし(汗)、そんなことを考えつつもセオリー通り「最初はおおさじ2杯程度」を守って与えてみました。
与えたのは「伊都物語」。
福岡圏では有名なこだわりの牛乳です。
なつかしい瓶入りに紙のふた。
ふたをあけるとクリームが固まってついています。か、感動!
大さじ2杯程度を食後に与えると、大喜びできれいにお皿をなめとるように飲む猫2匹^^
結果・・・下痢なんて起こしませんね~。
耐性があるのか、量を守ったからなのかはいまのところ不明。
ウンチは1個だけしか出しませんでしたが、いつもより大きい!
ちょっとうれしい。
なんだか対処療法のようですが(汗)。
[PR]
# by sekisaji | 2009-03-04 05:28 | 生肉食と健康全般
子猫に牛乳を与えると下痢を起こすからダメ、子猫を拾ったら、子猫用の粉ミルクを買ってきて与えよう、と思っていませんか?

実は実は・・・
私もつい先日までそう思っていたのです。
ところが、調べてみるとどうも大きな間違いだったようです。

ぜひこちらのサイトをお読みください。
目からウロコです。

NPO法人テイルズのお話「私達の失敗 ・ 粉ミルクでの授乳」

気軽にねこごはん「子猫に牛乳はダメ?」


いや~、なんというか、久しぶりに涙がでるくらい感動しました。
読んだ瞬間納得。
自分自身で子猫を育てた経験がなく、子猫用ミルクを使用した経験がないので、今まであまり考えることはなかったのですが、心のすみっこで何となくあやしいニオイを感じていたのです。
ホリスティックケアの考えからすると、当然と言えば当然です。

たとえば現在50歳以上で子ども時代から猫を飼っていたという人たちに聞くと、多くの方が、子猫には牛乳を与え、人間の食べ物を食べさせ、ワクチンなんか打たせたことがないとおっしゃいます。
でもその方たちの猫たちはぴんぴん元気です。
そして何よりも私が感心するのは、みな「老衰で死亡する」こと。
私たちが今までいかにペットフードメーカーや、それらの商品により利益をあげる獣医師に「すりこみ」をされてきたか、再確認してしまう結果となりました。

ではポイントをおさらいしておきましょうね。

【子猫に与える牛乳についてのポイント】
 ◎低温殺菌のもの
 ◎成分無調整のもの
 ◎品質に信頼のおけるメーカーのもの
 ◎冷蔵~常温までのもの(決して温めてはいけない)

【子猫に牛乳を与えて下痢をしないのか?】
 ◎子猫は乳糖を分解できる、しかも乳糖は脳の発育に必要不可欠
 ◎母猫の母乳にも、実は乳糖が含まれている
 ◎母猫の母乳と牛乳の成分は非常に似ている
 ◎牛乳を与えると一旦は下痢をしその後カチカチ便になって便秘になるが、それが正常

とのことです。
ホリスティックケアを勉強していて本当によかった。
万が一子猫を拾ったら絶対牛乳で育てようと思います。
ちなみに、福岡にお住まいの方でしたら「伊都物語」がぴったりの牛乳ではないでしょうか?
[PR]
# by sekisaji | 2009-02-27 19:04 | 生肉食と健康全般

猫の爪抜手術を考える

以前、猫の爪抜手術について書いたところ、ちょこちょことアクセスがあるようです。
アクセスしてきた方がどのような理由によってであるのかわからないため、少々焦っているところです。
当該手術をご検討中なのかしら・・・・と。

正確には「爪を抜く」のではなく、「指の第一関節から骨を取る」手術です。

脳性マヒなどに冒され家族に大けがをさせるほど凶暴になってしまい、このままではとても安全に暮らすことができない等、誰が見ても納得できるような理由であれば致し方ないことでしょう。

しかしながら、「家具を傷つける」、「壁やカーテンがぼろぼろにされる」など、人間側が対応策をとれる余地があるにも関わらず、その義務を放置して安易に当該手術をするのであれば、他人から「虐待している」と言われてもしかたないのではないでしょうか。
第一、このような理由で当該手術をした場合、飼い主さんは猫好きな人たちにそのことを言えるのでしょうか?
周囲の人たちもわざわざ口にはださないでしょうが、きっと心の中で「なんて残酷なことをするんだろう」と思うことでしょう。
そのように思われても平気でしょうか?

この手術の数々のデメリットは、下記のようなものがあげられています。
・術後の足先は包帯で巻かれ、しかも血がにじんでいた
・明らかに痛そうなのに、猫は鳴きもせず、ただ落ち込んだようすを見せていた
・痛みによりトイレでの砂かきができなかった
・傷がすぐにはふさがないため、トイレで感染する恐れがでた
・猫が精神的に落ち込み、プライドが傷つけられたようすをみせていた

安易に爪抜手術に踏み込むのは絶対に避けてください。
[PR]
# by sekisaji | 2009-02-21 10:30 | その他