手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

子猫に牛乳を与えると下痢を起こすからダメ、子猫を拾ったら、子猫用の粉ミルクを買ってきて与えよう、と思っていませんか?

実は実は・・・
私もつい先日までそう思っていたのです。
ところが、調べてみるとどうも大きな間違いだったようです。

ぜひこちらのサイトをお読みください。
目からウロコです。

NPO法人テイルズのお話「私達の失敗 ・ 粉ミルクでの授乳」

気軽にねこごはん「子猫に牛乳はダメ?」


いや~、なんというか、久しぶりに涙がでるくらい感動しました。
読んだ瞬間納得。
自分自身で子猫を育てた経験がなく、子猫用ミルクを使用した経験がないので、今まであまり考えることはなかったのですが、心のすみっこで何となくあやしいニオイを感じていたのです。
ホリスティックケアの考えからすると、当然と言えば当然です。

たとえば現在50歳以上で子ども時代から猫を飼っていたという人たちに聞くと、多くの方が、子猫には牛乳を与え、人間の食べ物を食べさせ、ワクチンなんか打たせたことがないとおっしゃいます。
でもその方たちの猫たちはぴんぴん元気です。
そして何よりも私が感心するのは、みな「老衰で死亡する」こと。
私たちが今までいかにペットフードメーカーや、それらの商品により利益をあげる獣医師に「すりこみ」をされてきたか、再確認してしまう結果となりました。

ではポイントをおさらいしておきましょうね。

【子猫に与える牛乳についてのポイント】
 ◎低温殺菌のもの
 ◎成分無調整のもの
 ◎品質に信頼のおけるメーカーのもの
 ◎冷蔵~常温までのもの(決して温めてはいけない)

【子猫に牛乳を与えて下痢をしないのか?】
 ◎子猫は乳糖を分解できる、しかも乳糖は脳の発育に必要不可欠
 ◎母猫の母乳にも、実は乳糖が含まれている
 ◎母猫の母乳と牛乳の成分は非常に似ている
 ◎牛乳を与えると一旦は下痢をしその後カチカチ便になって便秘になるが、それが正常

とのことです。
ホリスティックケアを勉強していて本当によかった。
万が一子猫を拾ったら絶対牛乳で育てようと思います。
ちなみに、福岡にお住まいの方でしたら「伊都物語」がぴったりの牛乳ではないでしょうか?
[PR]
by sekisaji | 2009-02-27 19:04 | 生肉食と健康全般

猫の爪抜手術を考える

以前、猫の爪抜手術について書いたところ、ちょこちょことアクセスがあるようです。
アクセスしてきた方がどのような理由によってであるのかわからないため、少々焦っているところです。
当該手術をご検討中なのかしら・・・・と。

正確には「爪を抜く」のではなく、「指の第一関節から骨を取る」手術です。

脳性マヒなどに冒され家族に大けがをさせるほど凶暴になってしまい、このままではとても安全に暮らすことができない等、誰が見ても納得できるような理由であれば致し方ないことでしょう。

しかしながら、「家具を傷つける」、「壁やカーテンがぼろぼろにされる」など、人間側が対応策をとれる余地があるにも関わらず、その義務を放置して安易に当該手術をするのであれば、他人から「虐待している」と言われてもしかたないのではないでしょうか。
第一、このような理由で当該手術をした場合、飼い主さんは猫好きな人たちにそのことを言えるのでしょうか?
周囲の人たちもわざわざ口にはださないでしょうが、きっと心の中で「なんて残酷なことをするんだろう」と思うことでしょう。
そのように思われても平気でしょうか?

この手術の数々のデメリットは、下記のようなものがあげられています。
・術後の足先は包帯で巻かれ、しかも血がにじんでいた
・明らかに痛そうなのに、猫は鳴きもせず、ただ落ち込んだようすを見せていた
・痛みによりトイレでの砂かきができなかった
・傷がすぐにはふさがないため、トイレで感染する恐れがでた
・猫が精神的に落ち込み、プライドが傷つけられたようすをみせていた

安易に爪抜手術に踏み込むのは絶対に避けてください。
[PR]
by sekisaji | 2009-02-21 10:30 | その他

猫の食事回数と絶食

成猫の食事の回数は1日2回以下を守りましょう。

これもネコという「種」を考えてのことですが、もともとハンターである猫は自然界ではいつでも食事ができることは当然ないわけです。
ですから1日中フードを食器に入れたままというのは自然界では考えられないことといえます。
また、いわゆる「置き餌」をすることにより、猫の嗅覚が麻痺してしまい、満腹や空腹をつかさどる中枢に損失を起こすと言われています。
朝早く起こされることも多く、飼い主としては辛いですが、そういった状態が健康なのです。
飼い主さんはぐっと我慢のしどころです(苦笑)

食事は時間を決め、30分以内に食べ切らない場合は残っていても廃棄します。
気に入らないフードが続くと食べてくれない場合もありますが、心を鬼にして30分ルールを守ります。
猫もあきらめて、少しは食べてくれるようになります。

人間でもヨガで絶食をすることがありますが、猫にもたまの絶食は良いこととされています。
厳しい方は毎週1日は抜くそうです。
私はそこまではしませんが、1泊で実家に帰るときなどを利用して絶食させることがあります。
これも、自然界のネコのことを考えると当たり前のことなのでしょう。

かわいいわが子がおねだりをするから、とついつい与えすぎて肥満猫にさせないためにも大切なことですね。
もっとも、我が家のように完全手作りの生肉食だと置きっぱなしはもとよりできませんし(腐れちゃう!)、おやつを与えようにもすぐに作れないので与えられませんから一石二鳥かも?(笑)
[PR]
by sekisaji | 2009-02-21 10:03 | 生肉食と健康全般
皆さんはノミ退治には何をお使いですか?
我が家ではガーリック(にんにく)を食事に混ぜて与えています。

ガーリックというと、ねぎやニラなどと同様、香りが大変強いため、猫には悪い食材だと思いこんでいらっしゃる方が多いのですが、そんなことはありません。
量を守れば(何でも摂り過ぎは毒です!)とても良い食材かつノミ退治薬になりえます。

半~1かけら程度をすりおろし、生肉食に混ぜて1週間与えるだけでOKです。
キャットフードを与えている方はウェットフードに混ぜると良いでしょう。
1週間与え続けることにより、ノミが死滅します。
ちなみに、健康な猫にノミはつきません。
ノミがつくというのは、免疫系が弱っている証拠でもあります。

さて、1週間の間、つまりノミがガーリックの効能によって死滅するまでの間はどうするのか?

基本的には櫛ですくなどの当たり前のことしかできませんが、猫のからだから離れたノミに関してはこんな製品もあります。

アース ノミとりホイホイ

友人がこれによく似た製品を使ってみたところ、よく取れたと言っていました。
この製品と違い、紫の光を出すものだったらしいです。
楽天のレビューを見ると、猫のからだから飛び出たノミには効果があるようですね。

ガーリックには免疫系を強化する役割もあります。
(だからノミ退治になるのです。)
病気になりにくい、健康な身体作りのためにもガーリックは大活躍してくれるというわけです。
毎日与えなければならないものではありませんが、月にあるいは週に何度か与えると健康維持(強化)につながります。
[PR]
by sekisaji | 2009-02-14 06:45 | 生肉食と健康全般