手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ホメオパシーは約200年前、ドイツの医師ハーネマンによって見つけられた療法です。

彼はマラリアに効くキナという植物を健康時に飲んでみました。すると、マラリアと同じ症状があらわれました。彼は家族や村人の協力を得て、同じ実験を行い、同じ結果を得ました。つまり「ある症状を出すすものが、その症状を取り除く」ということに気づいたのです。

とはいえ、成分を身体に入れるというのは何かと危険なもの。長年の研究でハーネマンがいきついたのが希釈振盪(きしゃくしんとう)という方法です。
どういうものか。
アルコールに十分な時間、たとえばキナを浸し、キナの情報(波動)をアルコールに移します。これを試験官に1滴入れ、100倍のアルコールと水で薄め、振って叩きます。この濃度から取り出した(わかりやすく言うと)濃さを1Cのポーテンシーと呼びます。
ここから更に1滴をとり、100倍のアルコールと水で薄め振って叩く。これを6回繰り返せば6C、30回繰り返せば30Cとなります。1滴を100倍に薄め、更に二乗で薄めていくのですから、6Cであっても既にもとの物質の「成分」は何ら検出されません。ホメオパシーのレメディが安全だといわれる所以はここにあります。このようにどんどん希釈していき、砂糖粒に情報をしみこませたものをレメディと呼びます。
不思議なものでレメディに含まれる情報の力は、希釈振盪を繰り返せば繰り返すほど強くなると言われています。そのため一般的には家庭用キットには30Cまでのものが多く使われ、1M以上のポーテンシーとなるとホメオパスの処方なしには購入できないようです。
ちなみに希釈振盪には濃度により、X、C、Mなどがあります。


ではレメディはどのように身体に作用するのでしょうか。
たとえば熱が出たとします。そこで、熱に効果のあるBell.(ベラドンナ)をとるとします。すると身体はベラドンナの情報を受けて、「高熱を出している!たいへんだ!」と勘違いをし、一所懸命免疫システムを働かせます。その結果、自分自身の免疫システムにより治癒するのです。あくまで身体に入れるのは情報であり、薬効成分ではありません。成分を身体に入れないから、安全なのです。
ちなみに、わかりやすい例として挙げましたが、実際の発熱にはいろいろな原因があり、ベラドンナが必ずしも有効とは限りませんので、この点はご留意ください。


私が持っている家庭用のキットは英国のエインズワース社のもの。
c0131313_7405650.jpg



開くとこんな感じ。42種類入っています。すべて30Cです。
c0131313_7415159.jpg



レメディの大きさ、わかるでしょうか。仁丹くらいです。
c0131313_7423557.jpg

[PR]
by sekisaji | 2008-04-29 07:27 | ホメ・鍼灸・レイキ等

レメディ到着

ホメオパスとの相談からはや一ヶ月以上経ってしまいましたが、今日無事にレメディを受け取りました。

今回はてんてんのストラバイトのその後、ポロンのもろもろを相談。「もろもろ」というのは、つまり、西洋医学的には病気らしい病気ではないからです。目やにがひどいとか、耳垢もすごいとか、いびきをかくとか、便秘だとか。(相談したころまでは便秘がひどかった。)

今日届いたレメディを確認。

てんてんに
 ・Lyco.30C×18日分、200C×7日分、1M×3日分

ポロンに
 ・Merc.30C×18日分、200C×7日分、1M×3日分

レメディにもいろいろなタイプがあり、おそらく最も普及しているのは仁丹のような粒タイプのもの。これは溶かすのに時間がかかります。我が家のかかりつけホメオパスは、猫に対してはこのタイプではなく、扱いやすいタブレットタイプを処方してくれます。水を1滴落としただけで溶けるので、シリンジで吸い上げて猫の口に直接投与できます。成分としてはただの「砂糖水」なので、猫もいやがらずに飲んでくれます。


てんてんは前回のストラバイト再発時にもライコポディアムを処方されました。
以前かかっていたO山先生(笑)のときは、てんてんの根本レメディはPhos.だと言われたのですが、どうも違うんじゃないかと疑問に思っていました。
O部先生(笑)に代えてからLyco.を処方され、これはビンゴ!でした。なぜビンゴだと思ったのか。それは、投与しだしてすぐ、てんてんが保護して間もないころのやんちゃさんの性格を表すようになったからです。「あ、ポロンが来る前の(本来の)性格が戻ってきた!」と感じました。
とはいえ、やんちゃなてんてんには正直ちょっと困ってしまうのです。だって生ゴミあさりをするんですもの(^^ゞ
更にLyco.を投与し続けると、今度は自然に甘えるようになってきました。いつも同居猫ポロンを気にして素直になれない子が、積極的に私のひざを求めてきます。これには目じりが下がってしまいました。

ホメオパシーでは症状が治まっても、根本までつきつめて治療(といっていいのかな?)をするので、今回の相談ではストラバイトそのものでなく、今後のためにどうするかという処方になっているはずです。さーて、Lyco.の再度の投与で何か変化がでてくるのでしょうか。少し楽しみです。

ポロンは便秘をメインに相談していたのですが、相談後に便秘が解消された旨、ホメオパスには連絡しています。O部先生はその分を考慮して処方します、とのことでした。Merc.(マーキュリー)は確かアトピーやアレルギー体質に効果を表すレメディのはず。目やにや耳垢がこれで軽減されるのかしら。。。。

投与は今回は1日1回、朝のみです。
明日から始めます。
[PR]
by sekisaji | 2008-04-27 17:39 | ホメ・鍼灸・レイキ等
先日の日記で猫たちの便秘が改善されたことを書きました。その後も絶好調です。
先月末に猫ホメオパスと電話相談をし、現在はレメディー到着待ちの状態。せっかく改善されたのだから、処方に反映していただこうと思い、ホメオパスにメールを出しました。

メールには、もちろん以下の改善点を記しました。

1.カルシウムの0.1グラム計による厳密計量
2.なるべく作り置きをしない(以前は2~3日分をまとめて作っていた)
3.食事をあたためるときは湯煎(以前はレンジを使用していた)
4.たまにエンザイムを与える

翌日きた返信には「レンジ不使用がいちばんよかったと思います。」とのことでした。

以前からホメではレンジ禁止をうたっていますが、なかなか実生活では難しく、ついつい使っていました。お肉の解凍をし忘れたときも、作っておいた生肉食を室温程度にするのにも、解凍モードをばんばん使っていたのです。

カルシウム量も影響しているかもしれません、作り置きをあまりしなくなったのもよかったのでしょう。それにしてもレンジを使わないだけで、これだけ改善するとは!
というより、電子レンジを使うだけで簡単に体調が悪くなるとは!

レンジ(電磁波)ってやっぱりコワいのね~、とまたまた勉強してしまいました。
なのに我が家の猫は今日もテレビの上で寝ています。やれやれ、、、、。
[PR]
by sekisaji | 2008-04-24 19:29 | ホリスティック全般
10日ほど前のこと、首の背面に違和感を感じました。
その日一日中、痛いとも凝っているという感じでもなく、麻痺したような感覚でぼわ~っとした感触がなんとも気持ち悪く、その日が過ぎました。それは翌日からの症状のイントロだったようです。

翌朝起きると15秒おきに頭に激痛が。後頭部の右てっぺんが激しい痛みに襲われます。その痛みがくるとからだ全体が揺れるほど。会社に行っても仕事にはなりません。どんなに平静を装おうとしても、無駄でした。

すぐにかかりつけの鍼灸院に連絡。不運なことに、主治医の先生は休暇中。しかも他の先生も休んでいるとのことで、緊急対応ができないとのこと。
薬は絶対服用したくない私、ひたすら我慢をしました。

翌日はマッサージの上手な友人が、丹念にマッサージをしてくれました。自覚症状がまったくないのが困りものですが、相当肩が凝っているのだそう。やはり頭痛の原因は肩こりから来ているのかなぁ。。。。

その2日後にやっと予約のとれた鍼灸院に。頭の右側と、右足の人差し指(っていうかな?)から瀉血。肩はマッサージ厳禁!とのお達しを受けました。あれ、肩こりからきている頭痛ではなかったのかしらん。後から疑問が浮かんだのですが、その時はとにかく頭痛がひどくて、まともに考えたり質問する気力もなかったのです(^^ゞ

治療が終わってもなかなか頭痛はおさまりません。通常と違い、とにかく体を揺らされるほどの激痛なのが辛い。ほんの少し激痛の間隔が長くなってきたようで、頭もずいぶん働くようになってきました。そこで今度は西洋医学的に症状から病名を探してみました。

「緊張型頭痛」

と症状がピタリはまります。
なるほどね~、と少し余裕がでたところで、前回のレスキュー同様ひらめきました。「!レメディーのんでみよ」
レパートリーで同じ症状を捜したところ、「右側の頭痛」、「常に緊張している」など、今の私の状態によくあうものが見つかりました。アーセニカム(Arsenicum)です。
さっそく家庭用キットの30Cを1粒のんで、その日はすぐに休みました。
すると、、、、次の日、、、、、激痛がまったく起きません。「!!!!!」
ぼーっとした感触は残っていますが、激しい痛みさえなければ通常の生活ができます。起きてすぐにまた1粒とり、その日を境に激痛は起きなくなりました。1週間も悩まされたのに、たった1粒の砂糖玉で・・・・。

ホメってすごーい。

今回、本当に見直してしまいました。

私は音(振動)に非常に敏感なのですが、住居の上の階の方(わんこ)が常に大きな音をだすので、いつも心臓がバクバクしています。加えて、業務上、新しいことにチャレンジせざるを得ない状況になり、それがたいへんなプレッシャーとなっていました。今回の頭痛はどうもこれらが原因のようです。アーセニカム(Arsenicum)がたまたま1発で効果を発揮してくれたので激しい頭痛はおさまりましたが、根本原因に耐えうる精神力を培う努力が今後は待っています。はう~。
[PR]
by sekisaji | 2008-04-20 09:46 | ホメ・鍼灸・レイキ等

レスキューレメディ

バッチフラワーレメディーの一種に「レスキューレメディ」と呼ばれるものがあります。
ショック、不安、パニック、緊張など広範囲な精神性ストレスに効果があり、人間にも動物にも使用でき、しかも無害です。
ずっと以前に買っておいたレスキューの存在を忘れていた私でしたが、昨夜ひょっこり思い出したので、早速使ってみました。

・・・・・・

おととい、諸事情により部屋の模様替えをしたところ、予想してはいましたが案の定猫たちから大不評を食らいまして・・・・。おとといも昨夜もてんてんが大暴れです。
暴れるうちはまだ良かったのですが、「あお~、あお~」と悲しげな声で叫ばれるといても立ってもいられず、体調を崩して早めに就寝したからだに鞭打って(というのは少し大げさ^^;)、てんてんのもとに走る私。
そのときに突然思い出したのです。「あ、レスキュー使ってみよ。」

買ったのは随分前ですが、猫に使うのは実ははじめて。本当に効果あるのかしら、と頭に疑問符を浮かべながら、あおあお泣きつづけたてんてんの口中に数滴投与。
最初はいきなりアルコールを投与されたこと自体にびっくりするてんてん、固まってしまいました。しばらく大人しくしーーーんとした空気が流れ、てんてんはトイレに。もりもりと元気に排便し(^^ゞ、その後は私の布団にやってきて一緒に眠りにつきました。

やっぱり効果あるみたい~。
そういえば、私も以前、緊張する場面で使用したことがあります。その時、確かに緊張がほぐれたのを実感しました。
以前は猫たちの緊張やイライラにはフェリウェイをよく使っていましたが、これからはレスキューをもっと活用してみよう、と誓った?夜でした。

【追記】
正確にいうと、今回使用したのはレスキューではなく、「リカバリー・プラス」です。
リカバリーは、レスキューに含まれるバッチフラワー5種に3種類を更に加えたもの。
レスキュー:チェリープラム、クレマチス、インパチェンス、ロックローズ、スターオブベツレヘム
リカバリー:上記5種+アスペン、ミムラス、ホワイトチェストナット
私の持っているリカバリーは2年ほど前に買ったもので、ブランデー抽出タイプです。

[PR]
by sekisaji | 2008-04-16 13:00 | ホメ・鍼灸・レイキ等

便秘、少しは改善か?

最近、てんてんもポロンも便秘の症状が少し改善されたようです。
てんてんはだいたい、2日に1度、割ともりもりと排便します。
以前は3~4日おきでした。
ポロンは毎日小さなうんち玉(笑)を時間をおいて1個ずつ排便し、2~3日おきにある程度のまとまった量をまた排便。
以前は4~5日おきにしか排便していませんでした。
排便が辛いらしく、傍でみていても、なかなかウンチがでないためにイライラしているようすが見てとれました。トイレできばっても出てこないため、部屋のあちこちで排便していました。
それに比べると、今はずいぶん良くなりました。割とすんなり排便できるようになったことで、イライラすることもなくなったのでしょう。今ではほぼ毎回、トイレでちゃんと排便してくれます。

何が良かったんでしょう。

1.カルシウムを0.1グラム計で、肉の種類ごとに必要な量をきっちり計るようにした
2.食事をあたためるときに、レンジを使わず、湯煎するようにした
3.たまにエンザイムを与える
4.食事はなるべく作り置きしない

1~4は私が最近あらためたことがらです。
これらがうまい具合に相乗効果をなしてくれているのかもしれません。
通常、生肉食にするとお通じの状態が良くなるはずなのに、我が家は逆でした。
生肉食にかえたのに便秘になった、あるいは下痢になったという猫がいたら、思い当たる原因とともに、上記4点についてもぜひ確認してみてください。

みなさんの猫たちは、みんな良いうんちをしていますか?
(うちだけなのかな~、便秘気味なのは(^^ゞ)
[PR]
by sekisaji | 2008-04-13 11:45 | 生肉食と健康全般
我が家の猫たちはここ3年、予防接種は受けさせていません。今後も受けさせる予定はありません。

最初に猫を飼った時、ボランティアの方に予防接種は必須だと言われ、動物病院や雑誌でも同様のことを見聞きし、「意識のある飼い主は年に1度のワクチン接種を受けさせるのが当然」なのだと思っていました。
そのため、我が家の猫たちにも、私がそう思い込んでいた当初2年間はワクチンを打たせてきました。

きっかけはホメオパシーを知ったことでした。
2005年の秋にホメオパシーの存在を知り、翌年春にホメオパシージャパンの由井氏の講演を聞いてまさに「目からウロコ」状態に。
予防接種には防腐剤として水銀が含まれている、しかも飲食で禁じられている量の数倍も!そしてこれらの有害物質を直接血液に入れることによって、発がん率が高まる。
病気にしないための予防接種が病気を誘発する、、、、衝撃でした。
また、ホメオパシー的にいうと、ただ単に毒物が防腐剤として混入されているから悪いのではなく、「抗体ばかりをつくり、免疫力を低下させる」ことが悪の根源ということでした。免疫力の低下の最たる病気としてはエイズが挙げられます。エイズはエイズによって死ぬのではなく、体内に抗体ばかりあり、免疫力がまったくないため、風邪ひとつひいても命取りになる、そんな病気なのです。

ワクチンを接種する目的は「抗体を作る」ためなので、「抗体が体内に必要量あれば、ワクチンを接種する必要はない」ということになります。そのため、日本より動物医療が10年進んでいるといわれている米国では「ワクチンは3年に1度」が当たり前になっています。なぜなら3年くらいで体内の抗体量は減らないからです。
また、海外には、接種3年後の体内の抗体数が減少していないことを示すデータを公表している良心的なメーカーもあるのです。私はホリスティックを推奨する動物病院の医師により、そのグラフを拝見することができました。接種3年後の棒グラフは下降の予兆を見せませんでした。おそらく5年後のデータがあれば、5年後もほぼ水平移動だったのではないでしょうか。さすがにそれではメーカーが潰れるでしょうが、、、(苦笑)

上記の動物病院の医師によると、ワクチン接種後に犬の皮膚疾患患者が一時的に一挙に増えるそうです。この医師はワクチンが原因だと断定しています。
また、若いうちは3年に1度、10歳前後からはほぼ接種させないで過ごした犬猫と、毎年接種していた犬猫を比較した場合、後者に発がんしたものが数倍多かったという結果も教えてくれました。

完全室内飼育と外に自由に出られるケースでは、なかなか同じに、とはいかないかもしれません。それでも、例え私が猫を自由に外に出してやっていたとしても、むやみに毒を体内にいれるのには、躊躇してしまうでしょう。

自分の猫たちには少しでも長生きしてほしいものですが、それが発がんや、辛いがん治療を伴うようなものであるなら、それより短い生涯になったとしても健やかに生きて、ある日ぽっくり逝ってくれた方が猫にも私にも幸せです。こんな風に考えるのは私だけでしょうか。
[PR]
by sekisaji | 2008-04-06 15:44 | ホリスティック全般
生肉食は新鮮さが命。
わかってはいるものの、仕事の終わる時間が不定期だとそうも言ってはいられず、結局2~3日分をまとめて作ることもしばしば。ビタミンが消失してしまう、酵素が死んでしまう!せっかくの生肉食なのに、これじゃ意味が薄くなってしまう、、、といつも気ばかり焦ってしまいます。

最近は日の出も早くなり、我が家の猫が朝ごはんコールをする時刻もずいぶん早まりました。(4時ですよ~。)この朝の時間を使わずして何とする!ということで、今まで主に夜、帰宅後に作っていたご飯を、朝作ることにしました。
さすがに毎食作るのは難しいので、1日分、つまり夜の分までを一緒に作ります。
これが大正解のようで、、、、どうも今まで以上に「食いつき」がいいのです。やっぱり新鮮なお肉の方がおいしいわよね~、と猫たちを見守る私の目もやわらかくなります。

昨日はSPF豚が手に入ったので、久しぶりの豚ごはん。豚はご存知のように、普通のものなら軽く火を通さなければなりません。SPFなら無菌なので(正確にはまったくの無菌ではありませんが)生でもOK。昨日のSPFはママの私の大好物でもあります。とにかく脂にまったく臭みがなく、肉自体のお味が濃くすばらしいのです。(今はやりの宮崎ブランド「さくらポーク」というお肉です。)この肉を使っての晩ごはんは、もちろん大好評でした。品質の良い新鮮なお肉に、猫たちも舌鼓をうっていました(^m^)

当り前のことなのですが、なるべく作り置きでない食事を与えられるようがんばんなきゃ!、と自分を叱咤激励するママでした。
[PR]
by sekisaji | 2008-04-06 08:45 | 生肉食と健康全般