手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日はニンゲンの健康のおはなし。

以前レイキヒーラーのbubuさんに、ヨーグルトを食べ続けたせいで骨に異常が出たという女性の話を聞きました。正直なところ「そんなこと、あるわけないじゃん」と思ったのですが、なんとその後自ら同じことを体験してしまったのです!

去年の初夏ぐらいだったでしょうか。恥ずかしながら便秘気味なワタクシ、少しでも乳酸菌を増やそうと、毎日ヨーグルトを食べることにしました。すると夏の終わりごろになって異変が。かがんだあと、膝が痛くて立ち上がれない!「まさか、ヨーグルト?」

かかりつけの鍼灸師に相談すると「その可能性は大いにありますね~」とのこと。3か月ほど毎日続けていたことをやめるのは少し悲しかったですが、骨が溶けかけているかもしれない恐怖には勝てませんでした。ヨーグルトをやめ、3~4か月すると、痛みはいつの間にかすっかり消えてしまいました。乳製品はからだに良い、と子供のころから洗脳されているだけなんだ、と思い知ったできごとでした。

マクロビオティックの考えのひとつでは、地域でとれた地域特有のものを食べることを推奨しています。それからいくと、確かに乳製品は日本人に合うものとは考えにくい食品です。何千年も乳製品をとってきた欧米人とは、腸の長さから食品への耐性まで、さまざまな点で違うので、「ブルガリア人が長生きなのはヨーグルトのおかげ」だからと言って、日本人に良いとは限らないのです。

ホメオパシーでもマクロビ的なことを言います。たとえば「生野菜を食べろ」とか。少し栄養を勉強した人なら、「カロチンを含む野菜は熱処理して油と一緒に採ると吸収が良くなる」ことを知っていますが、ホメオパスはこう警鐘を鳴らします。「そんなに吸収しやすいことばかりしていては、からだが本来持っている、栄養を吸収しようとする機能が低下します。」

マクロビオティックを説明したものとしてはここのサイトが詳細でわかりやすかったです。それにとっても厳格。

私はお肉も魚も大好きだし、野菜は有機栽培のものだけを買うなんてことはできません。ですから、完全なマクロビ実行者にはなれません。いや、なりたいとも思いません(^^ゞ それでも、マクロビオティックの基本的な考えはしっかりおさえ、無理なくできることは実行することにしています。
[PR]
by sekisaji | 2008-03-30 09:38 | ホリスティック全般
もちろんフレッシュな食材を使って栄養バランスのとれた食事を与えられればそれがベストですが、なかなかそうはうまくいかないのが手作り食の頭の痛いところ。
ケルプが底をついたので、一緒にサプリメントも個人輸入で注文しました。

c0131313_12372773.jpg



奥から反時計周りにオーガニック・ケルプ、カルシウム、エンザイム、マルチ・ビタミン。

便秘がちな2匹のためにエンザイムを初購入。マルチ・ビタミンも初めて買ってみました。
カルシウムを0.1グラム計で計るようになったからかもしれないのですが、便秘の具合が少し改善されたようです。エンザイム使用でもう少し調子が上向きになるといいなぁ。
マルチ・ビタミンはガーリックの香りがたまりません。なんというか、ニンゲン用の食事にいれたいようないい香りなのです。(ただし長時間香るので、その点はいただけない。)
はじめはエンザイムとマルチ・ビタミン入りの食事にたじたじとしていた2匹ですが、2日ですっかり慣れてくれたようで、今ではむしゃむしゃ食べています。

これらのお品、国内調達だとどうしてもお値段がはります。
今はドル安だし、個人輸入する方は今がチャンス!ですよ(笑)
ちなみに私が購入したのはRobbins Pet Careさん。
今回は重さが1.5キロくらいあったのかな?送料は23ドルくらいでした。
支払いはもちろんカードです。
[PR]
by sekisaji | 2008-03-22 11:20 | 生肉食と健康全般

お手軽乾燥ひじき

こんなの作ってみました。

c0131313_10545743.jpg



乾燥ひじきをミルにかけてみたのです。
粉にはならなかったけど、十分細かくすることには成功しました。
海藻類は猫にもよい食材です。これまで使っていたオーガニック・ケルプが底をついてきたので、注文品が届くまでは代用してみようと思いついたのがこれです。

使い方はとっても簡単。
しばらく少量の水にひたして戻します。十分戻ったら、レンジでチン!ホメオパシー的にはレンジはNGなのですが、こんな少量を煮るのも難しいので仕方ないと思っています。

火が通ったらお肉や野菜と混ぜるだけ。簡単です。
火を通したひじきって、昆布とまったく同じ香りです。我が家の猫たち、ひじきはイヤではないらしく、少しふくらんだ大きめのひじきも食べてくれます。
なんだ、ケルプ注文しなきゃよかった、と一瞬思いましたが、ひじきも結構高いんですね。オーガニックのケルプを個人輸入する方がずっと安いと気付いたので、やっぱりこの方法は「繋ぎ」にとどめようかなぁ、と(笑)

シイタケも粉にしたら食べてくれるかしら。。。。
[PR]
by sekisaji | 2008-03-22 11:11 | 生肉食と健康全般

レイキの遠隔ヒーリング

2005年の夏ごろから、我が家の2匹の猫のうち、1匹がよく粗相をするようになりました。秋頃には2匹がひどいケンカをするようになり、初めてのことに飼い主である私は愕然。今なら大抵のケンカでも放っておけますが、その頃はいちいち胸を痛めていたものです。
ケンカをすると、そそう猫がどこかでわざとおしっこをするようになりました。夜中、就寝中に私は自分の足もとに何かを感じ、布団におしっこをされたために足が濡れていたのが判ったときは、本当にショックでした。寒い冬の日に泣きながら洗濯したっけ。あの頃の私はとてもナーバスだったんだなぁ。(今なら「またかい!」)で済むんですが^^;)

2匹の仲がどうにもこうにもあまり良くなく、毎晩夜になるとハッスル。なんとか2匹をリラックスさせてやりたいと思い、ネットであれこれ探しているうちに、レイキを知りました。おおよそ「スピリチュアル」系のことがらに興味のない私ですが、なぜかレイキにだけは強烈にひかれたのです。それに興味を持っていたアニマルコミュニケーターやホリスティックケアを実践している人たちに、レイキ・ヒーラーが多いことがはずみになったのでしょう。セッションを受けてみようと考え、私の心に残ったHPを展開しているレイキ・ヒーラーさんに連絡をとってみました。すると何と!数年の間連絡の途絶えていたお姉さん的存在のお友達だったのです。これもレイキの力かなぁ?実はこのことを皮切りに、他にも驚くような偶然にたくさん出会ったのですが、、、、それは長くなるので割愛します。

で、レイキってなによ?ですよね。
簡単に言えば宇宙のエネルギーを体内に取り込む、「手当て」によるヒーリングです。
ヨーガに通じるものがあります。というか、個人的にはそっくりだと思います。
レイキは戦中までは日本では「医療行為」とみなされていて、海軍が特に重用したそうですが、戦後GHQにより禁止されました。ですが、戦前にレイキを受けたアメリカ人がハワイで広め、今では欧米で「西洋式レイキ」として根付いています。また、日本でも細々と身内でのみレイキを続けてきた方々がいらして、その一派からのレイキは「直傳靈氣」と呼ばれています。漢字で書くと何となく怪しげですが(^^;)、受けてみるとマッサージのようでとても気持ち良いですよ。

ヒーリングスペース「アスクレピオス」主宰のレイキ・ヒーラーのbubuさんのセッションと、ファースト・アチューンメント、セカンド・アチューンメントを受け、今では私も遠隔ヒーリングができるようになりました。
遠隔ヒーリングとは何ぞや?とお思いでしょう。私もそうでしたが、触れることなく相手にエネルギーを流せるということです。

最初は私も半信半疑だったのですが、ある失敗により、遠隔ヒーリングが本当にできているんだと感じることができました。
長年ヨーガをしている親友に遠隔を初めて施してみたときのことです。日時を知らせていたので、彼女はベッドに横たわり、スタンバイしていました。私はbubuさんに教わったとおりにマントル(サインみたいなもの)を描いてヒーリング開始。ところが流れている感じが全然しない。おかしいなぁと思いつつも、決めた時間は流してみました。そして途中でマントルを間違えたことに気づいたのです。「あ、こりゃ流れてないわ」と焦っているうちに時間終了。翌日親友にマントルを間違えたことは伏せて感想を聞いてみたところ、「何も感じなかった」ときっぱり言われました。その日の晩、再チャレンジ。今度はマントラも正しく描き、自分でもエネルギーが流れていくのを感じました。親友も次の日に「びんびん来た。すごく気持ちよかったよ」と感想を話してくれました。

ついついサボりがちになってしまい、我が家の猫にも具合が悪くならないと腰をあげない怠慢なヒーラーですが、こんな私でも具合の悪い犬や猫たちには良いヒーリングをしてあげているようです。「ようです。」と書いたのは、遠隔ヒーリングだと相手の様子が見えないから。飼い主さんに「ヒーリングの後、それまで具合が悪くて寝てたのにすぐに起き上がってご機嫌になった」なんて教えていただいたら、やっぱりうれしいですね。
我が家の猫たちのリラックス法のために始めたレイキですが、今では2匹も落ち着き、レイキをリラックスのために使う必要はなくなってしまいました。それでも、ちょっと様子がおかしいときには、出先からでもできるヒーリングの存在は、私にはありがたいばかりです。
[PR]
by sekisaji | 2008-03-15 13:03 | ホメ・鍼灸・レイキ等
生肉食を始めたころ、もっとも大変だったのは「手作り」しなければならないことでした。それまでドライフードばかり与えていたわけですから、袋からじゃらら~と出すだけとの違いは歴然。面倒くささに加えて当然ながらコストもかかります。そのため、生肉食を始めて半年以上は1日2食のうち、1食分のみを生肉食、残りはドライにしていました。

お肉は安価な鶏肉でもグラム50円前後はします。牛やSPF豚、ラムを与えると単価は一気に上昇。恥ずかしながら、この点が非常にネックとなりました。現実問題として、一介の会社員である私の稼ぎでこんな食生活を続けさせられるのか、と悶々と悩み続けた時期もありました。

それでも結局すべての食事を生肉食に変えることができたのは、周囲にいるもっとがんばっている人たちや、私の母が私にしてきてくれたこと等が励みになったからです。
友人にはある日突然事故でご主人を亡くし、女手一つでお子さんを育て、家のローンを払って必死に生きている人もいます。彼女に比べれば私の方がずっと楽なはず。時々楽しんでいた外食を減らせば、お肉代くらいはセーブできるはず。屋根のある家に住んで、3食欠かさず食べられて、電気もガスも水道も使えておまけに携帯電話まで持っている人間が、毎日会社で幕の内弁当を食べながら「経済的に苦しい」なんて言うのはおかしい。2匹でせいぜい1万円の食費くらい、ねん出してみせますとも!
生肉食だと作らなければならないから面倒、、、私の母が「子供たちに食事の用意をするのは面倒」だなんて思ったこと、一度だってあったろうか?答えはNo。母はいつも栄養のバランスを考え、肉か魚のメインに必ず野菜料理、それに酢の物や汁物をつけていました。70を過ぎた母の肌がぴかぴかでシワがないのは、良い食材をバランスよく食べていたからでしょう。そうよ、猫たちの母たる私の使命は、健康に良い食事をチビたちに与えることだ、と私は考えるようになりました。

今でも食事の用意をするのが大変なときはあります。急な残業で遅く帰った時に、お肉を解凍し忘れていた場合には、できあがるまでに時間がかかること、かかること!そんなときは無理をせず、オーガニック系の缶詰を使って、あまり自分を追いつめないようにすることも大切です。
ハチ割れのてんてんはご飯が遅いと大きな声で泣き続けるので、最初の頃はそれも苦になっていました。今では「お腹すかせると、御飯がおいしくなるぞ~」などと言い聞かせ、そんな会話?を楽しめるようにもなりました。
私自身が楽しんで生肉食を作る精神的余裕がある今では、不思議と缶詰を与えることがほぼまったくなくなってしまいました。ストック用の缶詰は、野良さんのご馳走になることもしばしばです。
[PR]
by sekisaji | 2008-03-08 06:38 | 生肉食と健康全般
そろそろレイキやホメオパシーについても紹介したいところですが、先日から気になっていることをちょっと。

食べても戻してしまう肉は与えない方が良い。
これは私がホメオパスにアドバイスされたことです。まぁ確かに、いくら食べても必ず戻す種類の肉を与えたところで無駄ですね。からだが受け付けないんでしょうから。
ただ、この「必ず戻す種類」というのが、ちょっと引っかかるのです。。。

わが家のてんてん、鶏は最も食べ慣れた素材なのでよく食べます。通常は「とり農園」さんの胸肉ミンチを与えています。しかし、鶏以外の肉の調達先は「GEN-MEAT」さん。何カ所からも肉を取り寄せるのは、大きな冷蔵庫を持っていないわが家には結構大変です。というわけで、先月は鶏も「GEN-MEAT」さんから、他の肉と一緒に取り寄せました。

こちらの鶏を最初に与えたとき、てんてんは戻しました。しばらく猫草を与えていなかった時期でもあったので、毛玉をだすために吐いた物ではないかと思いました。翌日からは同じ鶏を与えても吐きませんでした。
わが家では2〜3日で肉の種類を変えるサイクルをとっているので、2日後にはラムがお目見え、その後は鹿肉、と鶏以外を与えていました。
そしてまた鶏のサイクルになったところで、てんてんがまた吐いたのです。

今度は原因がまったくつかめません。誤解しないでいただきたいのですが、GEN-MEATさんの肉の質が悪いと言っているわけではないのです。こちらは全てニンゲンが食べるためのお肉を動物用に売っているだけですし、私もこちらのお肉を調理して問題なく食べています。

私が言いたいのは、例えば同じ「鶏」でも、産地や使っている肥料やその他もろもろの原因により、当然品質の違うものができるわけだから、てんてんにはたまたまGEN-MEATさんの鶏が合わないのかもしれない、ということです。現に、わが家とは真逆で、こちらの鶏でないと食べないという友猫さんのお話も聞いたことがあります。友猫さんは、とり農園の肉だと合わないのだそうです。

鶏を与えると必ず戻すというご家庭でも、これは試してみる価値があるかもしれません。ブロイラーでだめだったら、抗生剤不使用の鶏や地鶏に変えてみたり。あるいはササミを与えていたのなら、胸肉やモモ肉に変えるなど。それでもダメな場合は、やはり鶏が合わないという可能性が高そうですね。
[PR]
by sekisaji | 2008-03-02 15:40 | 生肉食と健康全般