手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

ストラバイト(結石症・ストルバイト)・膀胱炎の対処方

猫がストラバイト(ストルバイト)・膀胱炎になったときにさてどうするか?

病院に連れて行き、獣医師から処方された抗生物質を何の疑問も持たずに投与していませんか?
本当に抗生物質が必要なのか、考えたことはありますか?
それらを投与している間、猫たちはつらそうにしていませんか?

私はアトピーだったために子供の頃から薬漬けで副作用に苦しみました。猫たちにあんな思いはさせたくありません。
今回はホリスティックケアの見地から、主にホメオパシーに重点を置いた対処法をご案内します。
(本家猫ばかブログに以前アップしていた記事を整理しなおしてこちらにもアップします。)


【 ストラバイト・膀胱炎の症状 】
 ・何度もトイレに行く
 ・トイレに行くのに何もでない
 ・血尿がでる
 ・トイレに粘液のようなものが出ている
 ・部屋のあちこちにおしっこをする(量はごくわずか)

このような行動・症状が現れたら膀胱炎や結石の恐れがあります。至急、レメディー家庭用キットからCanth(カンサリス)を頓服させましょう。
「頓服」とは、症状が出るたびに投与することです。
頓服させている間にホメオパスに連絡をとって電話相談の予約を入れてください。

ただし、排尿がまったくない場合は尿道が完全につまっている恐れがあります。
即刻病院に連れて行ってください。カテーテルが必要です。
48時間、排尿がないまま放っておくと死に至ります。



【 ストラバイト・膀胱炎・結石になる原因 】
 ・生肉食以外のフード
 ・バイタルフォースの低下
 ・運動不足
 ・ストレス、その他


【 ホメオパシーでの救急対処法 】
1.症状が現れたらすぐにCanth.(カンサリス)を与える。
  粒(※1)のままでも水レメディー(※2)にしても可。

2.症状が現れるたびにレメディーを与える。
  症状が改善されない場合で、既にその猫の根本体質レメディー(*3)が分かっている場合は、そのレメディーを与えてみる。根本体質レメディーは、膀胱炎に限らずどの病気にも対応可能。

3.動物病院で尿検査をする。
  病院から処方された薬を暫定的に服用させる場合は、薬の名前を控えておくこと。
  もし48時間排尿がない場合はカテーテルが必要となります。命さえ奪ってしまうので、この点は要注意です。

4.すみやかに猫ホメオパスに相談する。
  その際、上記3の尿検査の結果や薬の名前を報告する。

5.ストラバイトは繰り返します。
  ホメオパシーによる根本治療を行う場合は気長に取り組むことです。何度繰り返しても、ホメオパシーで治療を続けていれば、猫たちは苦しがりません。だから余り神経質にならず、かといって油断することなく観察を続けてください。

※1.
  レメディーは通常、仁丹ほどの大きさの砂糖玉です。

※2.
  アロマオイル等にも用いる茶色の遮光瓶の肩くらいまで水を入れ、レメディー1粒を溶かしたものを水レメディーと言います。水はヴォルビックが最適だそうです。

※3.
  人も動物も、その性格や体質、繰り返す病気等により「根本体質レメディー」が違ってきます。どれが根本体質レメディーであるかは、プロのホメオパスでないと判断できないと思われます。(私はホメオパシーの本を何冊か持っていますが、我が家の猫たちのレメディーを当てることはできませんでした。)ホメオパシーに関心のある方は、あらかじめホメオパスにかかっておくと安心です。ちなみにてんてんはphosフォスフォラス、ポロンはlycoライコがそれぞれの根本体質レメディーです。


【 普段から気をつけておくこと 】
1.水をちゃんと飲んでいるか。(生肉食の場合は飲まなくても大丈夫)
2.オシッコは1日2回が理想的。観察が必要です。
3.ドライフードはやっぱり膀胱炎や結石になりやすい。ホメオパシーでは生肉食以外はアウト!
4.一度膀胱炎になった猫は特に冬は冷やさないよう要注意。


【 お役立ちグッズ 】
ウロペーパー
  家庭で簡単にphチェックが可能。潜血チェックができるもの等もあり。

ヘルスウォーターボウル 
  お水がおいしくなる陶器のボウル。膀胱炎ならお水をたくさん飲ませないと!

◆備前焼のボウル、備前玉
  備前焼もお水がおいしくなるそうです。ちなみに上薬のかかった陶器と、素焼きの陶器では後者の方がおいしいようです。

◆ペットシーツ
  部屋のあちこちでオシッコするのでシーツは必需品です。シーツが不要なトイレをご使用の方も、少しは常備しておくことをお勧めします。

◆段ボール箱
  箱型トイレの方が安心するかもしれません。一時的に使用するなら段ボール箱+シーツで十分なトイレができます。あると便利。

◆デロンギ・オイルヒーター
  安心安全なヒーター。空気が乾燥しません!

◆布団
  留守中に暖房を入れるのはちょっと不安。そんな時には専用の布団を用意しては?



【 食材・サプリメント・関連書籍 】
羊のなみかた(ワンにゃんあつまれ!) 
  羊、馬、鹿、うさぎ、ターキー等バラエティに富んだ肉が購入できます。

とり農園  
  ここの鶏は評判が良いですが、おすすめは人間用の肉です。ペット用ミンチはあまりお勧めしません。

◆NOW社のエスターC(ビタミンC)
  Now社はパウダータイプを廃番にしたようです。私は最近はNatrol社のものを使っています。

クランベリーパウダー 
  泌尿器系のトラブル防止に。ただし、おいしくないようです(^^ゞ

◆本村伸子著「もう迷わない!ペットの健康ごはん」2,625円 コロ出版
  人間用に書かれた療法食の本のように栄養素についても詳細に書かれています。



【 レメディー 】
Canth.(カンサリス)
  一般的にひん尿や膀胱炎の症状に応急処置として使われるのはカンサリスです。
  ホメオパスに連絡がつくまではカンサリスを投与すると良いでしょう。カンサリスは通販でも簡単に入手できます。何より安全無害です。病院からもらった抗生物質を与える前に、カンサリスを与えることを検討してみてください。



【 その他 】
◆重曹
  トイレに限らず、ほとんどすべての掃除に最適。安全無害。

◆お酢
  ホメオパシー的にはトイレを除菌する必要はないそうです。菌の存在の有無ではなく、免疫力や自己治癒力を高めることが大切だからです。どうしても除菌したい場合はお酢で十分だとか。


【 ホメオパシーについて 】
  ホメオパシーに興味を持たれた方は、ホメオパシージャパンの由井寅子先生の講演を一度お聞きになることをお勧めします。実によくわかります。それにとても楽しい講演です。ホメオパシーの概略が理解できたら、猫ホメオパスさんに相談してみようかなぁという気になりますよ~。


【 ホメオパシーに関する推奨書籍 】いずれもAmazonで購入可能
◆ホメオパシーin Japan =基本36レメディー=
  → 基本の36種のレメディーの解説書。
    病気から逆引きで必要なレメディーをさがすことも可能です。

◆キッズ・トラウマ
  → ホメオパシーのどこが良いのかがよ~くわかります。
    また、予防接種の恐ろしさもよ~くわかります。

◆猫のためのホメオパシー

◆ネコの健康ガイド


最後に・・・・
私は西洋医学を完全には否定しません。
例えば外科的処置。これはやはり西洋医学に頼らざるを得ません。
交通事故に遭って出血が止まらない人にアーニカを与えておしまい!あるいはお灸と鍼をすれば大丈夫!などということはありえません。やはり止血剤や手術が必要です。
また、血液検査や尿検査なども必要な処置ですが、これはやはり西洋医学の専門分野です。上手に病院を利用することは人間でも動物でも同じことだと思います。

2008.12.16更新
[PR]
by sekisaji | 2008-10-25 07:38 | ホリスティック全般