手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

ホメオパシーの良い点

てんてんがストラバイトにより血尿・頻尿を起こすのはこれで3回目です。
もちろん血尿をだしている我が子を前に幸せな気分ではありませんが、いっそ悪い気もしません。
ホメオパシー的に言うと「症状が出るのはありがたい」ことだからです。
身体がサインをだしているわけですから、対処する術も見つけられるのですね。



初めてストラバイトになったときは、さすがに慌てました。
一晩中落ち着きなくウロウロし、トイレだけでは足りず部屋のあちこちで排尿。
段ボール箱を置いてやったり、ペットシーツをあちこちに敷いてやったりしたっけ。
とても辛そうで、見ているこちらも胸が痛くなりました。
動物病院では抗生物質を処方され、それをそのまま服用させました。
直後にホメオパスと電話相談し、根本治療へと切り替えました。

2回目に頻尿発作を起こしたときは、前回のホメオパスとの相談の際にもらっておいた万が一の時のレメディをストックとして持っていたので、それを服用させました。
不思議なことにレメディを与えると頻尿が治まります。
そして、なによりも良かったのは、少しも辛そうではないこと。
とても落ち着いていて、「あなた本当に何ともないの?」と尋ねたくらいです。

そして今回もそうです。
レメディを与えると頻尿は止まります。
おしっこはある程度の時間をおいて、まとまった量が出ます。
そしてやはり、とても落ち着いていて、ちっとも辛そうではありません。
排尿するときも、きちんとトイレでする余裕があります。
私におどけるような表情さえ見せてくれます。
食欲ももりもり。
ドライフードを与えているご家庭では、水を飲ませようと必死になられるようですが、我が家ではホメオパスの指示により以前から生肉食を与えています。水分たっぷりの生肉食を食べてくれる限り、水は飲んでくれなくてもちっとも構いません。

そして、レメディ。
レメディはしょせん砂糖玉です。
薬を徹底的にいやがって、何が何でも絶対に吐き出す我が家の猫でも(私に似たのか?)、レメディを溶かした水溶液なら難なく飲んでくれます。
投与が楽です。
猫にも負担になりません。
こういった点もホメオパシーがいいなぁ、と思える所以です。

とはいえ、身体から精神にと作用していくホメオパシーでの治癒には時間がとてもかかります。
焦らずくさらず、のんびりと取り組むことが大切です。
なんてことを言いながら、頻尿発作が始まるとやっぱりドキっとしてしまう私です。
[PR]
by sekisaji | 2008-05-21 20:11 | ホメ・鍼灸・レイキ等