手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

レメディ到着

ホメオパスとの相談からはや一ヶ月以上経ってしまいましたが、今日無事にレメディを受け取りました。

今回はてんてんのストラバイトのその後、ポロンのもろもろを相談。「もろもろ」というのは、つまり、西洋医学的には病気らしい病気ではないからです。目やにがひどいとか、耳垢もすごいとか、いびきをかくとか、便秘だとか。(相談したころまでは便秘がひどかった。)

今日届いたレメディを確認。

てんてんに
 ・Lyco.30C×18日分、200C×7日分、1M×3日分

ポロンに
 ・Merc.30C×18日分、200C×7日分、1M×3日分

レメディにもいろいろなタイプがあり、おそらく最も普及しているのは仁丹のような粒タイプのもの。これは溶かすのに時間がかかります。我が家のかかりつけホメオパスは、猫に対してはこのタイプではなく、扱いやすいタブレットタイプを処方してくれます。水を1滴落としただけで溶けるので、シリンジで吸い上げて猫の口に直接投与できます。成分としてはただの「砂糖水」なので、猫もいやがらずに飲んでくれます。


てんてんは前回のストラバイト再発時にもライコポディアムを処方されました。
以前かかっていたO山先生(笑)のときは、てんてんの根本レメディはPhos.だと言われたのですが、どうも違うんじゃないかと疑問に思っていました。
O部先生(笑)に代えてからLyco.を処方され、これはビンゴ!でした。なぜビンゴだと思ったのか。それは、投与しだしてすぐ、てんてんが保護して間もないころのやんちゃさんの性格を表すようになったからです。「あ、ポロンが来る前の(本来の)性格が戻ってきた!」と感じました。
とはいえ、やんちゃなてんてんには正直ちょっと困ってしまうのです。だって生ゴミあさりをするんですもの(^^ゞ
更にLyco.を投与し続けると、今度は自然に甘えるようになってきました。いつも同居猫ポロンを気にして素直になれない子が、積極的に私のひざを求めてきます。これには目じりが下がってしまいました。

ホメオパシーでは症状が治まっても、根本までつきつめて治療(といっていいのかな?)をするので、今回の相談ではストラバイトそのものでなく、今後のためにどうするかという処方になっているはずです。さーて、Lyco.の再度の投与で何か変化がでてくるのでしょうか。少し楽しみです。

ポロンは便秘をメインに相談していたのですが、相談後に便秘が解消された旨、ホメオパスには連絡しています。O部先生はその分を考慮して処方します、とのことでした。Merc.(マーキュリー)は確かアトピーやアレルギー体質に効果を表すレメディのはず。目やにや耳垢がこれで軽減されるのかしら。。。。

投与は今回は1日1回、朝のみです。
明日から始めます。
[PR]
by sekisaji | 2008-04-27 17:39 | ホメ・鍼灸・レイキ等