手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

緊張型頭痛にアーセニカム(Arsenicum)

10日ほど前のこと、首の背面に違和感を感じました。
その日一日中、痛いとも凝っているという感じでもなく、麻痺したような感覚でぼわ~っとした感触がなんとも気持ち悪く、その日が過ぎました。それは翌日からの症状のイントロだったようです。

翌朝起きると15秒おきに頭に激痛が。後頭部の右てっぺんが激しい痛みに襲われます。その痛みがくるとからだ全体が揺れるほど。会社に行っても仕事にはなりません。どんなに平静を装おうとしても、無駄でした。

すぐにかかりつけの鍼灸院に連絡。不運なことに、主治医の先生は休暇中。しかも他の先生も休んでいるとのことで、緊急対応ができないとのこと。
薬は絶対服用したくない私、ひたすら我慢をしました。

翌日はマッサージの上手な友人が、丹念にマッサージをしてくれました。自覚症状がまったくないのが困りものですが、相当肩が凝っているのだそう。やはり頭痛の原因は肩こりから来ているのかなぁ。。。。

その2日後にやっと予約のとれた鍼灸院に。頭の右側と、右足の人差し指(っていうかな?)から瀉血。肩はマッサージ厳禁!とのお達しを受けました。あれ、肩こりからきている頭痛ではなかったのかしらん。後から疑問が浮かんだのですが、その時はとにかく頭痛がひどくて、まともに考えたり質問する気力もなかったのです(^^ゞ

治療が終わってもなかなか頭痛はおさまりません。通常と違い、とにかく体を揺らされるほどの激痛なのが辛い。ほんの少し激痛の間隔が長くなってきたようで、頭もずいぶん働くようになってきました。そこで今度は西洋医学的に症状から病名を探してみました。

「緊張型頭痛」

と症状がピタリはまります。
なるほどね~、と少し余裕がでたところで、前回のレスキュー同様ひらめきました。「!レメディーのんでみよ」
レパートリーで同じ症状を捜したところ、「右側の頭痛」、「常に緊張している」など、今の私の状態によくあうものが見つかりました。アーセニカム(Arsenicum)です。
さっそく家庭用キットの30Cを1粒のんで、その日はすぐに休みました。
すると、、、、次の日、、、、、激痛がまったく起きません。「!!!!!」
ぼーっとした感触は残っていますが、激しい痛みさえなければ通常の生活ができます。起きてすぐにまた1粒とり、その日を境に激痛は起きなくなりました。1週間も悩まされたのに、たった1粒の砂糖玉で・・・・。

ホメってすごーい。

今回、本当に見直してしまいました。

私は音(振動)に非常に敏感なのですが、住居の上の階の方(わんこ)が常に大きな音をだすので、いつも心臓がバクバクしています。加えて、業務上、新しいことにチャレンジせざるを得ない状況になり、それがたいへんなプレッシャーとなっていました。今回の頭痛はどうもこれらが原因のようです。アーセニカム(Arsenicum)がたまたま1発で効果を発揮してくれたので激しい頭痛はおさまりましたが、根本原因に耐えうる精神力を培う努力が今後は待っています。はう~。
[PR]
by sekisaji | 2008-04-20 09:46 | ホメ・鍼灸・レイキ等