手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

やっぱり作りたてがいちばん!

生肉食は新鮮さが命。
わかってはいるものの、仕事の終わる時間が不定期だとそうも言ってはいられず、結局2~3日分をまとめて作ることもしばしば。ビタミンが消失してしまう、酵素が死んでしまう!せっかくの生肉食なのに、これじゃ意味が薄くなってしまう、、、といつも気ばかり焦ってしまいます。

最近は日の出も早くなり、我が家の猫が朝ごはんコールをする時刻もずいぶん早まりました。(4時ですよ~。)この朝の時間を使わずして何とする!ということで、今まで主に夜、帰宅後に作っていたご飯を、朝作ることにしました。
さすがに毎食作るのは難しいので、1日分、つまり夜の分までを一緒に作ります。
これが大正解のようで、、、、どうも今まで以上に「食いつき」がいいのです。やっぱり新鮮なお肉の方がおいしいわよね~、と猫たちを見守る私の目もやわらかくなります。

昨日はSPF豚が手に入ったので、久しぶりの豚ごはん。豚はご存知のように、普通のものなら軽く火を通さなければなりません。SPFなら無菌なので(正確にはまったくの無菌ではありませんが)生でもOK。昨日のSPFはママの私の大好物でもあります。とにかく脂にまったく臭みがなく、肉自体のお味が濃くすばらしいのです。(今はやりの宮崎ブランド「さくらポーク」というお肉です。)この肉を使っての晩ごはんは、もちろん大好評でした。品質の良い新鮮なお肉に、猫たちも舌鼓をうっていました(^m^)

当り前のことなのですが、なるべく作り置きでない食事を与えられるようがんばんなきゃ!、と自分を叱咤激励するママでした。
[PR]
by sekisaji | 2008-04-06 08:45 | 生肉食と健康全般