手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

下痢が悪いとは限らない!

今回は猫の下痢のお話。
下痢をすると、さも病気のように騒ぐ人が多いですが、下痢にも種類があるんですよね。

元気がない場合の下痢は要注意です。
明らかに様子がおかしいとき、たとえば食欲もなく、いつも遊ぶ時間帯にも丸まって起きようとしない、そして下痢をしている・・・・、こんなケースは明らかに変です。何らかの病気にかかっているかもしれません。
感染症の恐れもあるので、即刻、動物病院で検査してもらってくださいね。

一方、消化できないものの排出や、新たな食物の摂取による腸内環境リセットのために起こる下痢の場合は、何も心配することはありません。
このタイプの下痢の場合、人間だろうと猫だろうと元気いっぱいです。
人間もニラやキノコ、アルコール類や脂っこいものをたっくさん摂ると、翌日ゆるい便が出たり、下痢したりすることがありますよね?
でも、それって病気ではないでしょう?
猫の場合も同じです。
消化しにくい食物をとると便はゆるくなります。
ただそれだけの話であって、これは病気でもなんでもありません。
整腸剤を使うまでもありません。
1日放っておけば自然となおりますから、神経質にならないことです。
[PR]
by sekisaji | 2009-10-12 19:13 | ホリスティック全般