手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

猫のための「野菜大すき!野菜あんかけごはん」

前回ご紹介した簡単猫ごはん、せっかくなので写真付きでご紹介しますね。
ほぼ同じ材料ですが、種類を少し増やしています^^


c0131313_1092366.jpg



【材料】
 ・鶏がら(スープストックでも可)
 ・にんにく
 ・塩
 ・ニンジン
 ・アスパラガス
 ・ブロッコリ
 ・ギー(精製バター)or発酵バター
 ・ごはんor片栗粉
 ・鶏むねミンチ
 ・鶏ヤゲン
 ・くるみ


【作り方】
(1)野菜3種はフープロでみじん切りにしておく。
(2)鶏ガラ(orスープストック)とにんにく1カケラでスープを作る。
(3)スープ少量を小鍋にうつし、塩ひとつまみ、(1)の野菜を加え、日が通るまで煮る。
(4)ギー(or発酵バター)、ご飯(or水溶き片栗粉)を加え、とろみをつける。
(5)生の鶏むねミンチを器に盛る。
(6)人口大に切った生の鶏ヤゲンを添え、(4)のあんを上からかける。
(7)くるみを砕いたものをトッピングして適温になったらできあがり。


※ポイント
 野菜あんは作りだめして製氷皿で凍らせれば、必要なときに必要な分だけ使えて便利です。
 スープ自体がたくさん残った場合は飼い主さんが召し上がれ♪


【食材使用の理由】
 ・にんにくは免疫力アップ及びノミ予防
 ・塩は生き物には当然必要
 ・ニンジンはミネラルとビタミンが豊富、老化防止の役割もあり。
 ・アスパラガスには利尿作用があるので、ストラバイトになりやすい猫にぴったり。
 ・ブロッコリはビタミンCが豊富ですぐれた抗がん作用をもつ。
 ・ギーはアーユルヴェーダで薬としても用いられるほどのもの。しかも発酵バターで自宅で簡単に作れるものなので、ぜひ多くの方にオススメしたい!
 ・鶏むねミンチはビタミンAを多く含む。何より入手しやすい。
 ・鶏ヤゲンはむね肉だけでは不足しがちなカルシウムの補給に。
 ・ごはん、片栗粉は重要な糖質源。
 ・くるみには抗酸化物のビタミンEが豊富に含まれる。約70%が脂質。ギーを使っているので油脂摂りすぎにならないようトッピング程度に。


見た目を考慮して、あんはかけただけにしていますが、実際に与えるときは全部混ぜちゃうほうが良いですよ~。
その方が猫も全部きれいに食べてくれます♪
[PR]
by sekisaji | 2009-06-13 10:18 | 生肉食と健康全般