手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

パリンガカンガルーミートとプレミアムチョイスの保存方法

以前おすすめしたパリンガカンガルーミート。
猫たちの食いつきもとても良く、おまけに真空パックだから冷蔵でもOKという、主婦の味方?で便利なお肉です。

ところがこれ、1kgパックなのです。
猫の場合は1日100g摂ったとしても、1頭飼育の場合900gも残ってしまいます。
我が家は2頭。それでも800g残ってしまいます~。

じゃあ残った分の保存方法は?

単純な方法としては小分けにしてラップに包み、ジップロックに入れて冷凍保存、です。
ただしこれだと解凍した後、ラップを広げるときに肉汁が手に付きます。小さなことだけど、これが結構面倒だし、匂いも気になるんですよね。ラップの使い捨てもなんだかもったいないし。石油が原料だから、ムダづかいしちゃいかんな~、とか(^m^)

そこで我が家では200ml容量のタッパーを使用しています。(100均で3個入りが売られています。)ちょうど肉200gがぴっちりと収まるので、なるべく空気を抜いてしっかり詰め、ふたも空気が入らないよう肉を抑えつけながらかぶせます。あとは冷凍庫にぽいっでおしまい。
形は、長方形のものを選んでいます。冷凍庫にぴったり収まりますから、円より四角の方が使いやすい!

1頭飼育のご家庭なら、100ml容量のタッパーをお使いになると1日分になり、鮮度の高い状態で肉を与えることができます。あるいは毎回解凍したてが良いなら、50ml容量のものをお探しになってみては?
ただし、900gの肉を50mlのタッパーに詰めるとなると作業が大変になります。やはりここは、せいぜい100ml程度のタッパーが現実的ではないでしょうか。
[PR]
by sekisaji | 2009-04-17 05:35 | 生肉食と健康全般