手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

人は水をたくさん飲むべきか?

若いころ、よく父が「水をたくさん飲め」と言っていました。
水をたくさん摂取することにより、ドロドロの血液が薄まり、老廃物が流れるということでした。
健康番組でもさまざまなドクターたちが同じことをコメントするので、私は何の疑問もなく長年水をたくさん飲む生活をこころがけてきました。

そのスタイルを変えたのは2年前のことです。

3年ほど前から通いだした鍼灸院で「なるべく水分はとらないでください」と最初に言われた時は、「そんなことをしてたら血液ドロドロになるじゃない!」と反発し、先生の言うことは無視していました。
その後、半年ほどしてリウマチの症状が私の左手に現れました。
「リウマチは水を体内にためこむことによって出る症状なんですよ」と説明され、初めて水を飲むのを控えてみようと心に決めました。
大好きなコーヒーはやめられないので、水分は午後4時くらいまで。その後はできる限りとらない、という約束事を自分で決めて実行しました。
あわせて鍼灸院の治療も続け、約半年でリウマチの症状はすっかり消えました。
リウマチは治るものなんですね。

鍼灸院の先生たちによると、西洋医学ではほとんどすべてのドクターが「水をたくさん飲め」と勧めるので困るのだそうです。
日本人には水をうまく代謝できない体質の人が多いらしく、そのタイプの人たちが水をたくさん摂取すると、私のようにリウマチを患うことも珍しくないそうです。
やせにくく冷えやすい体質の人も、水をうまく代謝できないタイプに属し、このような人たちが水泳で痩せようとするとかえって逆効果だそうです。からだを冷やしてしまうのが悪いのだとか。

東洋医学では腎臓が悪い場合のほとんどのケースで、やはり水を飲まないように指示します。
「悪い腎臓によけいに負荷をかけてどうするんですか?」と言われました。なるほど。

長年、あたりまえだと思っていた健康管理も、そのほとんどが西洋医学上でのこと。
皆さんも一度東洋医学に触れ、古くて新しい一面を見てみませんか。
[PR]
by sekisaji | 2009-03-07 12:27 | ホメ・鍼灸・レイキ等