手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

「天然成分」・「植物由来」という危険な言葉

猫の周辺に使うあらゆるモノ、たとえばトイレ用の洗剤、床のつや出し剤、食器用洗剤、肉球クリーム、その他諸々にケミカル(化学薬品)が使用されているのを懸念する方はたくさんいます。
そんな方たちにとって「天然成分」や「植物由来」という言葉には魔法の力があるようです。
結構飛びつく人が多いように見受けられます。

でも、それらは果たしてどれも安全なのでしょうか?

以前の日記でも書きましたが、たとえばエッセンシャルオイル(アロマオイル)。
エッセンシャルオイルは完全に天然のもの、しかも植物由来です。
ですが、多くの種類が猫には危険とされています。
ティーツリーでは死亡例もあります。
もともと完全肉食である猫は、植物を消化・代謝する必要がありませんでした。
そのため、エッセンシャルオイルを代謝する酵素が体内にないのです。
この点、雑食に傾きのある犬とは違います。
犬はエッセンシャルオイルを代謝する酵素を持ち合わせているのです。

これは犬と猫の大きな違いといえるでしょう。
単品として植物を摂ってきていたかどうか。
ましてやエッセンシャルオイルは、通常の植物とは違います。
「エッセンシャル」と呼べるほど、パワーが濃厚に凝縮されたものです。
人間でさえ、使用時には直接肌に使うことはなく、しかもほんの1滴ほどを希釈して使用するくらいです。
それほどパワーのあるものを、代謝酵素をもたない猫に使う危険性を私たちはもっと認識しなければならないでしょう。
アロマテラピーで人間は幸せな気分を味わえても、猫にとっては死と隣り合わせにあるのです。

これらを踏まえると、猫という「種」を考えたときに、必ずしも「天然成分」や「植物由来」が安全だとは言えないとおわかりいただけるのではないでしょうか。
ま、人間にとってもそうなんですけどね。
例えばタバコ。
植物由来です。しかも天然(自然)のものです。
だけどからだに良くないことは、誰でも知っていますよね?
(タバコの包装にも「天然成分」や「植物由来」と表示されていたら、これらの言葉がいかに疑問を呈するものか、気づく人も多いと思うのですが・・・・。)
魔法の言葉に踊らされることなく、商品を選ぶときには必ず原材料をチェックする、疑問があればメーカーやショップに問い合わせる、それでも疑問が払拭されないときは使用しないなど、飼い主がしっかり対応すれば猫がかわいそうな目に逢うことは未然に阻止できるのではないでしょうか。
[PR]
by sekisaji | 2008-12-06 06:41 | ホリスティック全般