手作り生肉食、ホメオパシー、鍼灸、レイキなど猫と人のホリスティックケア・ライフを考えますメール⇒sekisaji☆gmail.com ☆を@に変えてくださいね。


by sekisaji

現在、休止中です。

わけあって、現在、ブログ休止中です。



・・・・とわざわざ書かなくても、おわかりですよね(^^ゞ
[PR]
# by sekisaji | 2010-09-13 05:00 | その他
ちらりとニュースを見て驚きました。
今は水ぼうそうやおたふくかぜにもワクチンがあるのですね。
なぜ水ぼうそうまでワクチンを接種する必要があるのでしょう?
あんなのは、子供のころにしっかり罹患しておくべき病気なのにね。
子どもの頃にかかっておくと、跡もほとんど残らないし
大人になってもかかることはないのに・・・・。

ホメオパシーをしていると、ワクチンは接種しないという姿勢になるので
今の私がワクチンを打たないというのは当然ですが、
たとえホメオパシーに出会ってなくても、
水ぼうそうやおたふくかぜのワクチンは、私は接種していなかったでしょう。

自然の感染経路とは違う方法でウィルスや菌を体内(血液中)にとりいれることが
からだの免疫システムを混乱させる要因のひとつだと認識することも必要です。
[PR]
# by sekisaji | 2010-04-22 06:37 | ホリスティック全般
これから生肉食を始めようとする方へメッセージです。

はじめから何もかもうまくいくことはありません。
気長に気楽に取り組みましょう。
あんまりキチキチに詰めていくと疲れちゃいますし、
猫の反応が悪いと(食べてくれない、戻すなど)ガッカリ感が大きくなります。

最初のうちは食材はムダになることばかりが続きます。
わが家は生肉食を初めて6年、これまでいったいいくらをドブに捨てたか。
だけど、これは仕方ないことなんです。
だって、どんな肉が好きなのか、戻さないのか、からだに合うのか、
どんな野菜やサプリを与えると調子が良いのか、悪いのか、
いろいろ与えて試さないとわからないからです。
よその猫に良くても、自分の猫にも良いとは限りません。
自分で実際に試さないとわからないんです。

時間だってかかります。
大抵の場合、猫がすでに成長していれば生肉食への移行は大変です。
わが家のように、猫たちがごく若い時に始めた場合はラッキーですが
多くのご家庭では移行に苦労していらっしゃいます。
2年以上かけて移行させた方もいるくらいです。
どうかあせらずに取り組んでください。

生肉食を与えるには費用がかかります。
私のお給料は・・・大きな声では言えませんが・・・・かなり低いです。
でも、猫たちの食事代だけはケチりたくありません。
あ、もちろん自分のも^^;
というか、初めからその金額は当然出ていくものと考えているので
そんなにかけているという感覚はもはやありません。

食事の用意をするときは、できるだけ楽しい気分で調理してくださいね♪
明るくて楽しいお母さんが用意してくれた食事はおいしく感じますよね。
目には見えないプラスのエネルギーも猫たちのごちそうになりますよ。
[PR]
# by sekisaji | 2010-04-14 19:56 | 生肉食と健康全般

秀逸の猫砂

今までわが家はパインウッド一辺倒だったのですが、ついに(やっと?)気づいてしまいました。


どどん!


c0131313_11374054.jpg



クローゼットの場所をとるこの米袋。
中に入っているのはストーブ用のペレットです。

調べてみると、ストーブ用のペレット製造している業者って、日本にたくさんあるんですね~。
木材用に加工した際に出たおがくずの再利用なので、値段がバカみたいに安いんですよ。
ま、これならわざわざ漂泊しているはずもなく、品質的にも安心。
ということで注文したのが、20キロ入りの上の写真のものというわけです。
送料込みで1300円ですよ。
20キロで!
ちなみに購入先はこちら




ごく普通~にペレットです(*^m^*)

c0131313_11413539.jpg

(トイレ写真の砂は「パインウッド」+「木の香」+「ホワイトペレット」の3種類が入っています。)


この製品、米袋にはいっているせいか、香りがもれてきて部屋中森林浴気分です。
ふわ~。
フィトンチッドに包まれて良い気分です。
[PR]
# by sekisaji | 2010-03-06 11:48 | その他
今回は猫の下痢のお話。
下痢をすると、さも病気のように騒ぐ人が多いですが、下痢にも種類があるんですよね。

元気がない場合の下痢は要注意です。
明らかに様子がおかしいとき、たとえば食欲もなく、いつも遊ぶ時間帯にも丸まって起きようとしない、そして下痢をしている・・・・、こんなケースは明らかに変です。何らかの病気にかかっているかもしれません。
感染症の恐れもあるので、即刻、動物病院で検査してもらってくださいね。

一方、消化できないものの排出や、新たな食物の摂取による腸内環境リセットのために起こる下痢の場合は、何も心配することはありません。
このタイプの下痢の場合、人間だろうと猫だろうと元気いっぱいです。
人間もニラやキノコ、アルコール類や脂っこいものをたっくさん摂ると、翌日ゆるい便が出たり、下痢したりすることがありますよね?
でも、それって病気ではないでしょう?
猫の場合も同じです。
消化しにくい食物をとると便はゆるくなります。
ただそれだけの話であって、これは病気でもなんでもありません。
整腸剤を使うまでもありません。
1日放っておけば自然となおりますから、神経質にならないことです。
[PR]
# by sekisaji | 2009-10-12 19:13 | ホリスティック全般